パスポート・ビザフィリピン入国案内

パスポート・ビザ

フィリピンに留学する場合、パスポートの残存期間は、6ヶ月+滞在日数が必要になります。必ず確認し残存が1年以内の方は早めに切り替えて下さい。
フィリピン入国に際し、日本国籍の方は査証(ビザ)取得の必要はありません。入国時は、無査証(30日以内の滞在は認められている)
で入国し現地で査証(ビザ)延長手続きを行います。

現地にて査証(ビザ)延長』特別就学許可書(SSP)』及び外国人登録証(ACR I-card)』の申請を行います。
日本での面倒な査証(ビザ)申請は、必要ありません。またCPILSは、フィリピン政府に認められている語学学校ですので、全ての手続きを
CPILSが代行でき入国管理局に出向く必要もありません。日本の戸籍謄本も必要ありません。
出発の際は、パスポートの有効期間のみご注意下さい。
尚、韓国籍、ブラジル籍の方も同様になります。

注1)フィリピン入国時、出国の為の航空券も必要になります。片道航空券では、入国できません。 必ず、往復チケット(復路の日付入り)を購入下さい。

 注2)フィリピン入国に際し年齢制限があります。  15歳未満の方は、単独での入国は出来ません。親(同一名)の同伴が必要です。  手続きをすれば、付き添いの方(他人可)の同伴でも入国できます。フィリピン大使館のWEBサイトに手続き方法があります。ご確認下さい。ジュニアキャンプ等ご参加の場合に必要です。  

特別就学許可証(SSP)

特別就学許可証(Special Study Permit:SSP)とは、   フィリピンで語学留学するために必要な就学許可書です。  フィリピン留学は、観光ビザで入国し滞在する為本来ですと就業や就学はできません。SSPを取る事により、観光ビザで語学学習することができます。SSPを取らないで就学すると強制退去等の罰則が科せられる場合があります。
SSPはフィリピンの移民局からSSP認定を受けた語学学校のみ申請できます。セブ島の語学学校のほとんどは、SSP取得時、お客様が入国管理局に行きインタビューを受け取得するようにルールが変更になっています。その為に、授業も一部受けることができません。CPILSの場合は、フィリピン政府の信用がある為、CPILSが代行してSSPを取得できます。  

申請費用は、5,000ペソPP(約10,000円)程です。   セブ島の場合、留学期間が、2週間以上の方が対象になります。

外国人登録証(ACR I-Card)

フィリピンに60日以上滞在(8週以上)する外国人は、外国人登録証(Alien Certificate of Registration Identity Card : ACR I-card)を取得することが義務付けられています。 これは移民局に登録された外国人のフィリピン法的居住資格の証拠として活用されます。
手続きは、CPILSで代行します。
  費 用   2,800ペソ (約5,600円)  
* ACRI-CARDを取得しないまま、出国した場合は、現地空港にて罰金が課さられます。   ACRI-CARDはフィリピンへの再入国許可や特別再入国証で使うことはできません。また出国と同時に空港の移民庁職員に ACRI-CARDを返さなければなりません