CPILSの食事について

 

フィリピン、セブ留学の学校は韓国資本が多くそのほとんどが韓国料理というのが現状です。

毎日これでは、韓国料理好きだった人でも嫌いになりそう。。

セブ留学のCPILSは日韓共同経営の学校ですので献立においても偏らずバランスよく色んなジャンルの料理を楽しめます。

食事はビュッフェスタイルで提供され1日3食です。CPILSでは箸ではなくスプーンとフォークが提供されますので、

マイ箸を用意するのもよいと思います。

 

DSC02737

朝食の一例です。フィリピンチャーハン、シリアルと牛乳、スクランブルエッグ、キムチです。 チャーハンの代わりにパンとフレンチフライ、マンゴジャム等の場合もあります。

 

IMG_2118

 

ランチです。甘めの肉じゃがと野菜の揚げ物、レタスに味噌汁の構成です。 なかなか美味しいので山盛りにする方が多いです。笑

フィリピン留学は欧米とは違いご飯におかずという構成が、同じアジア人としてはうれしいですね。

 

DSC02769

これもランチでした。中華風のカレーにオムレツ、キムチ等。フィリピンのご飯はカレーとベストマッチなのです。

 

DSC02607

 

夕食です。甘辛プルコギ―です。それに加え野菜の揚げ物、カットされたリンゴです。 見た目とは違い辛さ控えめなので辛いものが苦手な方でも食べやすいと思います。

味は学校の給食といった感じです。 フィリピン留学予定の皆さん。時々日本食が恋しくなる時が来るので

2か月以上の長期の留学をされる場合、缶詰め、カレー、ふりかけ等の日本食を持って行くように。

washoku