Reduplication (重複表現)について

 

英語には、似た音節を繰り返してリズム感を出している表現があります。

たとえば@

●Choo-choo(幼児語のポッポ<汽車>)

●Mumbo-jumbo(ちんぷんかんぷん、意味不明の訳が分からない話)

●Willy-nilly(否応なしの、有無を言わせない)

●Bling-bling(Jewely、洋服等が)キラキラする

 

適切にフレーズに使うとHip-hopのように、ライムが生きてとっても面白く、相手にとっても耳に入りやすい表現方法であります。

Reduplicationは70以上の表現がありますが、そのなかで今回は使えそうなものを絞ってみました。

 

●Fuddy-duddy(古くさい考えの人、ユーモアのないシリアスな、時代遅れの、旧式で極端に保守的な人)

※古くさい考えをStuffyとも言います。

“Quit being such an old fuddy duddy, lighten up some!!”

(おっさんみたいなことしないで、楽しもうよ!)

fuddy-duddy

 

 

 

 

 

 

 

 

●Heebie-jeebies(恐れ、恐怖による不安、極端の緊張)

He gives me the heebie jeebies(私は彼によりパニックになった)

130131_2622605_Heebie_Jeebies___Trailer_640x480_17070147901___CC___300x168

 

 

 

 

 

 

 

●Wee-wee

(おしっこをする<小児語>)

DIY Bathroom Art

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●Riff-raff

(うるさい、不良な行動をする人もしくは下層階級)

 →She seemed to have invited most of the local riff-raff.

 (彼女の招待客はどれもろくな人がいない)

Riff-Raff-9-e1349220783978

 

 

 

 

 

 

 

 

●Hob-nob

(上流階級・有力者と)親しく付き合う、交際する、飲みに行く

After the opera, we hobnobbed with the foreign heads-of-state.

(オペラの後、海外の首脳団と交流会を行った)

great_gatsby

 

 

 

 

 

 

 

●Chick-flick

(女性向け映画)

4 Ways to wear your favorite button up

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●Bieber-fever

アイドル出身のカナダ人歌手、Justin bieberの狂的ファン、フリーク。ビーバー病

I-got-bieber-fever-justin-bieber-19526664-604-544

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●Wishy-washy 

(細い・水っぽいという意味から)意志の弱い、決断力のない、中身のない人

He is just so wishy washy because he won’t tell that girl what he wants in their relationship.

彼女に自分の気持ちさえ伝えられない彼は、弱気の男だ。

wishy-washy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

状況によっては以下のようなライミングも可能です。

The  fuddy duddy guy showed me heebie-jeebie reaction about inviting mumbo-jumbo, whishy-washy riff-raff, then poof disappear right in front of me but later appeared at hob-nobbling with foreign bald fella.